4人の女性

まずは応募する

レッスン風景

あなたが“役者”になりたいと思っているのなら、待っていたって何も起こりませんよね? あなたが役者になりたいという気持ちを外に出して、行動を起こさなければなりません。 では何をしたらいいのか? 役者を目指すそのスタートは“応募してみる”ことではないでしょうか。 その応募先はいくつかあります。

役に活かす

たての稽古

役者になれば様々な職業など、色々な人になりきり、その人の人生の中で生きることができます。自分とは違う職業や感覚を持った人になりきらなければいけないということです。 役者が演じるその役柄は、生まれ育った環境や、関わる人、経験など実に幅が広く、多種多様です。

オーディション

台本読み

実際に役者を目指して動き出そうとしている人に朗報です。 役者を目指すならば選考、オーディションに応募する必要があることや、その選考を突破して役者になり活躍することは簡単ではないと話しました。

諦めないことが大切

演技指導

役者を目指すのであれば“諦めないことが大切”だと私は思います。 先ほどオーディションは沢山開催されていて、実はチャンスがいっぱいあると話しましたが、第一希望の事務所のオーディションに落ちたからといってそこで諦めず、第2希望にチャレンジしたり、次回再度チャレンジすることもできます。

サイト紹介

ダンスのレッスン

あなたは「役者になりたい」と思ったことがありますか? 役者を含め芸能界に憧れを抱いている人は多いのではないでしょうか。目指すと言うところまでの気持ちでなかったとしても、興味・関心がある人は非常に多いはずです。 それでは役者になるにはどうすればいいのでしょう。 役者になりたいと思ったときに出てくるたくさんの疑問を解決したり、はたまた、役者になりたいとは思うけれど何をどうすればいいのか全く分からない…という人のために役者に関する色々なことを紹介していきます。 役者を目指すためにどうスタートを切ればいいのか どのような目指し方、進み方があるのか 役者になるには何が大切なのか 養成所?事務所? 役者の仕事を色々な方向から見てみるとともに、役者を目指し、役者として活躍したいと願う人の手助けができるように、色々な情報を載せれたらと思います。 もしかしたら「役者という仕事に実は憧れていたんだけど…」、そんな人の勇気を後押しできるかもしれません。 「役者として活躍したいんだ!」という熱い思いを持った人から、興味はあるけれど自分には無理だろうと思ってしまっている人まで、役者に何かしらの思いを感じている人は一度ご覧になってみてください。何か開けるかもしれませんよ。 関西で声を使ったトレーニングを受けたいなら|ボイトレ関西

なんにでもなれる

あなたが役者に憧れる理由は何でしょう? その理由のひとつでもあり、魅力のひとつと言えば、その役になりきれば“なんにでもなれる”ということではないでしょうか? “なんにでも”の幅は本当に広く、職業、生活環境、年齢など、現実のあなたでは経験出来ないことであっても、叶えることができるのです。 もしかしたらあなたが将来なりたいと思った夢のひとつの職業の疑似体験ができるかもしれません。その職業の制服を着たり、憧れの乗り物に乗る事もできるでしょう。 成人した俳優が学生を演じていたり、宇宙船に乗り込んだり、若い女性が特殊メイクと演技でおばあちゃんになったり、性別が入れ替わってしまったり…なんでもありです。 もちろん苦手だったり、なりたくないものにもならなければいけないこともあるはずですが、それも受け入れてこそです。嫌なものを避けていては、チャンスを逃してしまい、役の話が回ってこないことだってあります。 なんにでもなれる可能性があるのは、実に夢があることです。そして貴重なことです。 自分でそのチャンスと向き合い、ひとつひとつこなしていくことが大切です。 役者になって他の人生も生きてみませんか?恐れずチャレンジしてみてください。